それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話、時々自転車やレコードについて

モノクローム写真を撮ってみた(体験)


f:id:toshi0690:20201122184454j:plain

森山大道さんの書籍を読んでからバチバチに影響を受けましたので

ぼくもストリートへ出よう!という気持ちになり

コンパクトデジタルカメラを持って路上へ出てみました。

 

 

 

 

 

モノクローム写真を撮ってみた。

 

f:id:toshi0690:20201122185107j:plain

today

 

今日は、写真について考えてみた1日

 

それは頭で考えるのではなく

 

ひとまず着替えて家の玄関を出る。

 

そして、汚い車を洗ってからエンジンをかけ

 

行く当てはない、とにかく走り出すことでした。

 

 

きっかけはこちら。

 

www.happyendnanda.com

 

 

 

 

 作例

f:id:toshi0690:20201122185422j:plain

Lewis Leathers Lightning

 

森山大道さんの「昼の学校 夜の学校」を読んで

 

森山さんがジャック・ケルアックに触発されたというのを読んで

 

答え合わせされた気分でね、今日はぼくも家を出ることにしたんです。

 

 

ぼくは、モノクロ写真というものを今まであんまりやったことがないんです。

 

フィルムカメラ始めたての頃、モノクロ用のフィルムを買って

 

何度かやってみたことはあったんだけど、あんまり自分的にはしっくりこなくって

 

カラーネガばかり使ってきました。

 

で、今日改めて「光と影」で写真を撮ってみることにしましたh

 

カメラはSONYのサイバーショット、普通のコンパクトデジタルカメラで

 

父親の形見みたいなもので、中古相場2000円ぐらいの安いデジカメで撮影してきました。

 

そのカメラの機能で「モノクローム」というものがあってそれを使って撮ってきました。

 

なので、撮影の時は「光と影」で被写体をみて撮影し

 

現像はライトルームでモノクロで現像しました。特別な編集はしていないので

 

ほとんど撮ったまんまです。

 

f:id:toshi0690:20201122185422j:plain

Lewis Leathers Lightning

 

こちらルイスレザーの革ジャンなんですけどインナー何色に見えますかね。

 

モノクロームで撮影をするとこんな感じになります。

 

光が強くあたっているところは白く飛び

 

弱いところは黒く、階調している感じですね。

 

 

モノクロームの写真は本当に慣れていないので、こんな感じで撮るとかっこいいんだ!

 

とか、いろいろ発見がありました。

 

 

 

f:id:toshi0690:20201122191105j:plain

レコードたち

 

モノクロで写真を撮る時

 

特に光と影を意識して写真撮ります。

 

カラーのとき以上に意識するので、結果として「フラッシュ」を使って

 

撮る方が楽しかった。

 

f:id:toshi0690:20201122191222j:plain

EPIPHONE CASINO

 

強いLEDライトを当てて撮影してみた。

 

強い光を当てるとその分、色濃く影が生まれます。

 

光が強ければ強い分、影が濃くなるのは人間もそうだと思います。

 

 

f:id:toshi0690:20201122191340j:plain

 

こちらも昼間、洗車の途中で撮った一コマ

 

コンデジだとこんなにも自由に、楽に簡単に写真が撮れるのかと

 

この身軽さにとても感動しながら、本当の意味で「自由」に楽しみました。

 

 フラッシュを使って撮影することでしぶきに光があたって

 

キラキラする、それが美しや。

 

 

f:id:toshi0690:20201122191650j:plain

自宅の防湿庫(東洋リビング)

 

モノクロで撮影すると普段みている景色もまた違って写って

 

かっこいいぞ。

 

フラッシュつかって撮影するのがすごく楽しい。

 

フラッシュを使って生まれる光と影の演出がすごく楽しい。

 

正面から1灯の良さ、めちゃくちゃ感じます。

 

 

f:id:toshi0690:20201122191942j:plain

愛車

 

自然光でも、光と影を意識して撮った。

 

とにかく光と影のみ意識しています。

 

 

f:id:toshi0690:20201122192059j:plain

縦位置

縦位置の写真があんまりなかったので

 

このあたりも載せておこう。

 

強く光があたると白飛びして、その周辺が徐々に色がついてくるのがかっこいい。

 

光を捉えている感覚があります。

 

 

 

f:id:toshi0690:20201122192349j:plain

日産ラシーンでディズニーランド裏

 

 

f:id:toshi0690:20201122192639j:plain

青い空

 

 

 

 

 1日撮ってみて

 

f:id:toshi0690:20201122192755j:plain

すれ違うバイカー

 

今回、SONYのサイバーショットを使っての撮影

 

機能の中にあった「モノクロ」で撮影をして

 

ライトルームで現像をするという感じで出しています。

 

このコンデジの初期設定のアスペクト比率が16:9なので

 

一眼レフなどでの比率と違うので少し長い写真になっちゃってます。

 

それもそのままいじらず作例を掲載しました。

 

ちょっとワイドな印象ですね。

 

今回、モノクローム写真をやるにあたって「光と影」についてい意識をして撮影をしました。

 

色を除外して考えての撮影だったんですけど、自然と「色」に引っ張られちゃうんですよね。

 

「あ、あの赤い車撮ったらかっこいいかも、少し来るのを待とう。」と思って

 

ハッ!として(そうだ、今日はモノクロなんだ..)となったりしました。

 

でも、出来上がってみた写真をみてみて色は白と黒、グレーで構成されているけど

 

それぞれの色の出方が元の色によって異なるので

 

一切除外する必要はないんですね。

 

改めてモノクロ写真をやってみて気づきました。

 

 

f:id:toshi0690:20201122193726j:plain

白い月

 

モノクロ写真、色はでないけど

 

白い月の写真のように階調はしっかりでるので面白い。

 

でもやっぱりモノクロは都会の人混みの中でフラッシュを使って撮ったりしたら

 

もっとおもしろそう。

 

この三連休、コロナもあって人混みへはいきたくないので車でのんびりドライブをしながら

 

写真を撮ってみましたがおもしろかった。

 

それにしても、モノクロ写真突き止めたらおもしろそうだな、もっと勉強しようと思いました。

 

それにコンパクトカメラで簡単にさくさく写真撮れるのもやっぱり良い!!

 

森山さんの書籍を読んでから、考えを一新してみたので

 

また新しい自分の扉が開かれました。

 

新しいことに挑戦すること、体験することはやっぱり大事だね。

 

新しい写真の楽しみ方を教わった気がします。

 

日々、モノクロ写真やっていこうと思います!!!

 

 

(RICOH GR2...買っちゃおうかな....)

 

 

昼の学校 夜の学校+ (平凡社ライブラリー)

昼の学校 夜の学校+ (平凡社ライブラリー)

  • 作者:森山 大道
  • 発売日: 2011/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)