それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話nado.

カネコアヤノというアーティストについて〜第8回 パンダ音楽祭/ワンマンショー2019 春〜


f:id:toshi0690:20190529093940j:plain
つい先日行われた恵比寿リキッドルームでのワンマンショーと

その前に行われた第8回 パンダ音楽祭での

カネコアヤノさんについて書きたいと思います。

 

カネコアヤノ

f:id:toshi0690:20190529094338j:plain

僕がカネコアヤノさんを知ったのはいつだろう。

何気なしにSNSでフォローした女の子の投稿した写真の一枚に

カネコアヤノさんのレコード大のジャケットが写り込んでいたのがきっかけだったか。

曖昧な記憶だけど、その光景が脳裏に焼き付いてる。

 

「なぜ、この子はレコードを飾っているのだろう??」

「しかも、このレコードは誰のレコードなのだろう??」と思った。

 

その子に興味があって、その子のSNSがタイムラインに表示される度に

そのジャケットが思い出され、そのアーティストについて知りたいと思うようになった。

 

それから、アーティストの名前をその子のSNSで知ったんだったかな。

それからというものYouTubeとSpotifyで彼女の音源を聴いて、

ビリビリと痺れてしまった。

 

僕がカネコアヤノというアーティストについて知っていること。

f:id:toshi0690:20190529100453j:plain

・彼女はレコードを出している

 

・とてもロックンロールな感じがする、フォークやカントリーとかも含め。

 

・ナチュラルで飾ってない感じがとても良い

 

その時、僕が感じた感覚はこんなもんだったんだけど

それがすべてだった。それだけが僕の知っているカネコアヤノだった。

 

YouTubeからレコードへ

f:id:toshi0690:20190529095702j:plain

群れたち カネコアヤノ

 

あの娘のSNSで見かけたジャケットが気になり、名前を知って

YouTubeやSpotifyで音源を聞いて、彼女の魅力にどんどん惹かれ

どうしてもレコードが欲しくなった。

 

それからというもの、あちこち探した。探し回った。

 

ココナッツディスク池袋店で中川さんに何度も

「群れたちのアナログないですか」なんて聞いたりした。

 

このアナログを手に入れたときは本当に嬉しかったナァ。

 

ハイロウズのバームクーヘンとロブスターのレコードを店で見つけたときと

同じぐらい嬉しかった。

 

ライブへ行こう

f:id:toshi0690:20190529101651j:plain

はじめて、カネコさんのライブを見たのはなんだったかな。

 

とにかく、彼女の曲を聞きまくってレコードを手に入れた僕だけど

ライブ!ライブに行きたい。生の彼女のうたを感じたい!!と思った。

確か、2018年のやついいちろうフェスで初めてライブ見たのかな。

カネコアヤノというバンドで、バンドスタイルの彼女のうたを聞いたのが

そのとき初めてだった。

 

2018年やついフェスでの彼女を今でも鮮明によく覚えているんだけど

思ったより小柄な印象でギターを抱えて、裸足でステージにあがってきた彼女は

僕たちに背を向けてバンドメンバーとタイミングを合わせながら

振り向いたと同時にライブがはじまった。

その時の彼女の表情、力強い目をしていて、美しかった。

かっこよかった。

 

そのとき、彼女のグッズ販売でカネコアヤノさんのロゴのピンバッジを買った。

最後のひとつですよ、と教えてくれた物販の女性の顔まで覚えてる。

あのときのライブはすごく印象的だった。

やっぱり、ファーストっていいね。僕にとってのはじめてのカネコアヤノ体験だったから。

 

それから

f:id:toshi0690:20190529102946j:plain

それからというもの、僕は彼女の音源が出る度にレコードを予約して

関東でライブをやるときはできるだけ見に行っている。

毎度気づかされる彼女の魅力と歌声と、かっこよさと美しさ、愛。

彼女と音楽に出会えてよかったと本当に思った。

 

カネコアヤノと小山田壮平

f:id:toshi0690:20190529103606j:plain

なぜか、彼女の歌は小山田壮平さんのうたとリンクしてしまう

重ねるわけでも、重なるわけでもないのだけど

彼女のうたをきいていると、小山田さんのライブやうたを聴いているときと同じような

優しさや愛情というものを感じる。

 

飾らない美しさ、というととても月並みな言葉になってしまうが

そういうことなのだろうと思う。

僕も同じようにそういう人間になりたいと思う。

 

そんな二人が一緒にライブをやると知ったときは、本当に崩れ落ちそうになった。

冗談抜きで、そんな二人が一緒にやるなんてこれもまた月並みな言葉だが「夢見たい」だった。

 

あの日の渋谷クアトロでの出来事は忘れない。

カネコアヤノさんのカウボーイを小山田さんが一緒にうたう姿を僕は二度と忘れない。

 

2019年

f:id:toshi0690:20190529103954j:plain

2019年に入り、カネコさんは早々に新譜を出してくれた。

ドーナツ盤のみのリリースだが、またそれも良い。

普段、サクッとiTunesやSpotifyで彼女のうたを聴きたいと思うこともあるのだけど

ドーナツ盤のみでしか聞けないというこの曲たちはまた大切に聴きたいと思わせてくれる。

 

 それから春になり、愛のままを/セゾン をリリース。

こちらもドーナツ盤を出してくれた。

これからもどんどんアナログリリースしてほしい。

愛のままを/セゾン

愛のままを/セゾン

 

 

2019/5/11 第8回 パンダ音楽祭(上野恩賜公園)

f:id:toshi0690:20190529105254j:plain

パンダ音楽祭、奇妙さんが出てるっていうんで一昨年ぐらいから行きだしたのだけど

今年はカネコさんが出るということでもちろん行きました。

外でみる、カネコアヤノもめっちゃよかった。

 

セットリスト

  1. セゾン(サウンドチェック)
  2. カウボーイ
  3. ジェットコースター
  4. 朝になって夢からさめて
  5. わかりやすい愛 丈夫なからだ
  6. さよーならあなた
  7. アーケード
  8. 愛のままを

 

2019/5/21 カネコアヤノ ワンマンショー2019春(恵比寿リキッドルーム)

f:id:toshi0690:20190529110950j:plain
ワンマンショー2019春も、絶対いくぞ〜と決めていたのでチケットはゲットしていました。

その日は早めに仕事を終わらせて恵比寿に向かった。

 

チケットの番号は割とよかったのだけど、あんまり前に行ってみようという

気持ちではなかったので、リキッドルームの中腹あたりで待ちながら

友達と談笑して時間を過ごした。

 

ライブがはじまり、最後までほとんどMCなく歌い続けた今日のライブも最高だなと

感じながら終演。

 

最後に、カネコさんがずっとつかっていたピックを観客側に投げた。

中腹あたりで見ていた僕の場所から若干右側に飛んでいったように見えたのだけど

どういうわけか、それが弧を描いて僕の右となりで立っていた友人の頭めがけて飛んできた。

反射的に友達はそれをよけようと、頭を動かし、僕もなんとなく避けようとしてしまったのだけど

ちょうどライトの光でピックの場所が把握できなくなってしまった。

すると、避けようとして差し出していた右手の人差し指と親指になにか「スルン」と

入ったような感じがして、右手を見てみるとカネコさんが投げたピックが僕の指にちょうど収まっていた。

 

彼女の投げたピックが弧を描いて、飛ぶ方向をかえ

友達の頭にぶつかり、力なく落ちるピックをちょうど避けようとした僕の右手が

それをつかまえたみたいだった。

 

すごい奇跡に、なぜか足が震えた。

久しぶりに。

 

今まで、ライブでピックをもらおうとしてゲットしたことはあったけど

こんなことは、初めてだ、、と書いていて思い出した。

そういえば過去にもあった。下北沢の251でTAKUYA(ex/JUDY AND MARY)のライブを見たとき同じように避けようとして自分の手の中にピックが入ったこと。

 

どっちにしても奇跡としか言いようがない。

まさか、カネコさんのピックが手に入るなんてね。

とても嬉しかったです。

f:id:toshi0690:20190529111657j:plain

 

セットリスト

  1. アーケード
  2. ロマンス宣言
  3. とがる
  4. 布と皮膚
  5. 明け方
  6. 朝になって夢からさめて
  7. セゾン
  8. エメラルド
  9. どこかちょっと
  10. わかりやすい愛 丈夫なからだ
  11. ゆくえ
  12. サマーバケーション
  13. キスをしよう
  14. Home Alone
  15. カウボーイ
  16. ごあいさつ
  17. 祝日
  18. カーステレオから
  19. 恋しい日々
  20. 愛のままを
  21. さよーならあなた

 

さいごに

f:id:toshi0690:20190528204202j:plain

 これからもカネコアヤノさんの音楽に触れていきたいなと思います。

生活を豊かにしてくれる、音楽に感謝します。

 

よかったら、こちらの記事も読んでください〜

www.happyendnanda.com

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ
にほんブログ村