Day12 ROUTE66 テキサスの碧い風(2016.6.19)


天気:晴れ

走行距離:690km

 

 

今日はバイニータからアマリロという町まで走りますよ〜!

 

昨日のブログに書き忘れてしまったんだけど・・・。

 

昨日宿泊したホテル(バイニータのRelax innというモーテル)は

ブッキングドットコムで予約して現地にいったんだけどね

ぜんぜん違う場所のホテル(正しくは民家)に「チェックインできますか?」って

僕たちはいってましてですね、、、そこのご夫婦がいろいろ説明してくれてるんだけど

英語わからないもんだからね、奥さんめっちゃ怒ってね。(笑)

旦那さんはとてもいい方で。(でも、めちゃくちゃヒッピー風)

結局、「この先にモーテルあるからいってみろ」ってことで

正しい場所を発見。

(この時すでに日付変わって0時過ぎてました。

 変わったジャパニーズがいきなりなんだ・・・って思ったろうな笑)

めちゃくちゃ迷惑をかけたっていう。

そして、そのモーテル部屋中に虫がいて相方のツバサは車で寝るっていうね。

僕は椅子を二つならべて寝ました。zzz

 

はちゃめちゃ。(笑)

 

それを書き忘れちゃったんですね。

あと、オクラホマピザハットはスタッフさんも可愛くて味もおいしくて最高だったっていうこと。

 

 

ではとりあえず今日はアマリロ(テキサス)まで走るぞ〜!クラッカー

(このブログ路上の写真ばっかり。。。。。ガーン

 

本当は昨日のうちにタルサという町までいってしまう予定だったんだけど

時間がかなり押してしまい、バイニータだった分。今日は結構走らなきゃいけない予定なんです〜。

 

それこそ、タルサの町に入る前に朝ごはん食べるべく

カールスジュニアに入って食べました。!

 

相方曰く、このナンバープレート?は日本で数字によってはそれなりに人気な商品らしく(?)車好きな人たちは持ってたり、持ってなかったり?みたいなそんな話をしていた。そして彼はこのナンバープレートを頂戴しておりました。DASH!(笑)

 

この旅、はじめてのカールスジュニアでしたが

ここで食べたのはバーガーではなく(もう飽き飽きしている)

ちょっとしたハムチーズサンドみたいなやつでした。

これが、少しさっぱりしていて食べ易いんですよ。

(と言っても食べ易いだけで、食べたいわけではない。)

 

このアメリカ横断旅で一番辛かったのは

やっぱり食事ですね、このとき既にアメリカきて12日目。

日によっては、ほとんどポテトチップスで過ごした日もあったぐらいです。

 

もうバーガーとか大味系のものを食べたくなくて拒絶。

この日は、ぎりぎりカールスジュニアでいけましたが・・・

もう正直、パンも食べたくないぜ!みたいな感じでした。

 

カールスジュニアの看板とROUTE 66 TRAIN

この何気無いスナップに溢れるアメリカ感、おっきいねぇ。

 

お店をあとにして、ちょちょいとドライブしたらもうタルサ。

タルサ自体はバイニータからさほど遠くなかったね。

 

タルサに入るとこんな看板がお出迎えしてくれます!

 

 

そして、あのディズニーさんのあの有名な作品の看板などもお出迎え!

カーズ!

友達がちゃっかり写っています。笑

 

ちょっと小話をすると、ディズニー映画「カーズ」は最初「ROUTE 66」ってタイトルだったらしいんですよ!ただ昔に同じタイトルがドラマがアメリカであったために「カーズ」にしたんですって。そして、その舞台がこのあたりってわけです。

 

僕は映画をみたことないのですが、映画もカリフォルニアに向かうお話らしいのでまさにROUTE 66を爆走ってわけですね。

 

 

そして、おそらくROUTE 66をドライブしようと調べたり

雑誌を覗くと必ず出てくるであろうカフェ

「Rock Cafe」に寄りました。

 

店内に入るとすぐにこんな光景が広がります。

↑この写真は店内から出口方面にレンズをむけたショットです。

この突き当たりにあるのがトイレで右側に出口があるってな感じ。

 

 

店内はこんな感じで大盛況。

ドライブのちょっと休憩ってお客さんもいれば家族で旅をしている!みたいな装いのお客さんも結構いました。

ロックカフェでコーヒーブレイク。

 

ここのウェイターのおねえさんがとても感じがよくって

ライ麦畑でつかまえてホールデン風に言わせてもらうと

「ぼくは彼女は特別べっぴんさんってわけじゃないんだけど

 いやらしくなくて、好きなんだ」ってとこでしょうか。(野崎孝さん訳風)笑

 

僕はこのアメリカ横断旅で英語はできないけど、

コミュニケーションをとりにいくエネルギーはすごかったので

ここでもそれは発揮。3割の理解力で笑いをとることに成功。

ボールペンを借りて落書きもさせてもらいました〜。

 

 

ここでちょっとしたお土産も買ってお店をあとにしました。

ルート66関連のお店でこうやって落書きたくさんあって

みんながよってくれるなんて素敵な歴史だよな、ルート66。

 

こんな壁画に出会ったり、、、

 

こんな赤土の景色に出会ったり。いかに旅が最高かっていうのが

このブログから伝わってくれたら嬉しいなと思います。

 

ちなみにこの写真で土が赤っぽくなってきているってことは

もうテキサスそこそこ近いですよ〜ってことなんですよ。

 

 

テキサスは赤土。覚えてください。

赤土がみえてきたら、そこはテキサスですよ。

 

 

僕はこの旅で気づいたこと、たくさんあるんですけど

一つ大きくいえることはですね、やっぱり「路上」が好きだということです。

 

 

ジャックケルアックの路上にドバドバドカーンと影響受けちゃったわけですからね

まぁ仕方のないことです。

 

 

こんな景色一枚でも僕はドキドキしちゃうんですよ。

「あぁ、また旅に出たい」なんて思っちゃうわけですね。

 

 

 

で、僕たちは淡々とドライブを続けるわけなんですがね

テキサスに入る前、オクラホマ州後半でですね

おもしろいところを発見したんです。

 

地球の歩き方 2015-2016 アメリカンドライブ18p

 

 

Gearyの泥道というところ。

ギアリーの泥道なるところ。

 

本にはこう書いてありました。

1921年建立の橋に向かって走るダート。走行注意。」と。

 

で、僕たちはGoogle mapさんと地球の歩き方と、、

Route66マップを照らし合わせながらそのルートを探したわけです。

 

 

結構長いこと、ダート道を走っていたんですがなかなかわからず

結構なところまできてしまいました。

 

すると、たまたま作業中のおじさんカー発見!

ってことで聞くことに。

 

ぎりっぎりの英語でどうにか聞いている友達。

 

結果としてはわかりませんでした。笑

はっきりここなのかわかりませんでしたが

こんなところは発見しました!

 

これすごくないですか!

まるで、映画スタンドバイミーで少年たちがとおったところによく似ています!(ちがいますがね)

 

ここは実際にはもう使われていない線路みたいで、かなり木がくたびれています。

下手したら、踏み込んでボロボロっと落ちていくようなところでした。笑

 

朽ちているところも多々あり本当に危険。

 

でも、こうやって写真を「ぽんっ」ってアップロードするのは簡単なんだけどさ

実際にこのギアリーの泥道っていうところを制覇するのはかなり大変でした。

 

ずっと、相方とツバサが運転してくれていたんだけれど

助手席にのって、地図見るのも大変でしたが

運転はもっと大変だったと思います。相当ひどいもんでした。

 

これ、既に下は川でね落ちたら結構高いですよ。

本当に、スタンドバイミーみたい。

 

 

こんな景色が広がるんですよ。

 

いや〜素敵景色。

 

で、ここまでどうやって入ってきたかというと

もちろん車なんですけどね、すごいですよ

 

ほんとにすごいですよ。(笑)

 

じゃんっ

 

この後、どうしたかっていうとね

バックで相当戻るんですけどね、これは僕が運転なら無理です。

 

僕なら挑戦できません。

相方だからこそ、なのです。笑

 

結局、地球の歩き方に書いてあった

1921年建立の橋」なるものは発見することはできませんでしたが

スタンドバイミー橋に出会えたからよしとします。

 

そして、多分このあたりアメリカ人でこういうクロスカントリー好きな人にはちょっとしたスポットになっているようで

車一台入れるようになっているのと、付近では若者が水着で川にはいって泳いでいたので

遊びにくるんでしょうな。そういう場所なんでしょー。地元の人は知っている♫的なね。

 

ギアリーの泥道を退散して、そろそろ前に進もうかってところです。

結構ギアリーの泥道で時間使いました。(三時間ぐらいはこんなダート走ってました。)

 

オクラホマの田舎の景色を横目にテキサスに向かいます。

 

(この写真、個人的に大大大お気に入り)

 

 

僕たちは西に向かってこのあと数時間ドライブをしてですね

ようやくオクラホマ後半戦、クリントンという町に到着。

 

はいっていませんが、ルート66博物館をスルー。

写真のEXIF情報みると、このとき既に18時半

これだけ太陽がのぼってるのでまだ15時ぐらいに思えるでしょうが

18時半なんです。

 

 

いえーーーーい!

19時すぎにテキサス州にはいれました!

 

ようやく、テキサス州でぜいえい!

 

律儀な農夫さんがならべた作業者がおもちゃみたいでかわいいテキサス。

 

21時頃でこの感じ。

西に向かうにつれて、太陽が沈むのがそこそこ速くなってくるのがわかります。

(それでも太陽沈むの遅いけどね)

 

いや〜それにしても美しいテキサスの景色。

 

そして、僕たちテキサスはいったら

絶対にいこうねって話していた、Big Texan(ビッグテキサン)というお店!

22時前に到着しました!

よかった、間に合って。。。

 

カントリー娘に案内された二階の席からはお店が一望。

圧巻。

 

お肉もビールも圧巻。

お肉は、うん。とっても硬いし!笑

ビールはとっってもコクが強い!

テキサスライスの主張の強さとタッチの硬さ!笑

 

なんていうビールを頼んだか忘れてしまったけど、後味が非常にコクが深くて

もう一言でいえば、ちょっと感じが悪いぐらいコク深い。笑

 

お見事アメリカン!ありがとうテキサス!

サンキューグッバイまたくるね!みたいな大味でした。

 

(僕たちの舌にはあいませんでした。笑)

 

そんな中、少しあがった壇上に一人の大男がステーキをくらっているのが見えました。

最初は別にそんなに興味がなかったんですけど

途中からみんなが大騒ぎしだして、写真の時計をみると

「0:18」ってかいてるから、たぶんあと18秒ってところかな?

時間内に食べきれたら〜!なんちゃら〜!

みたいなやつなんだと思います。

後半になってかなり大盛り上がり!笑

 

(調べてみたら72オンス=約2kgを一時間以内に食べきると無料!らしいです。

 考えただけで気持ち悪くなる。。。。笑)

 

結局食べきれなかったようでしたが

お店の中は、さすが!熱狂に包まれてました。

 

クリアできてないけど、チャレンジしたそのソウルに乾杯!みたいなところでしょうか。笑

 

日本じゃちょっと考えられない空気感にワクワクしました。

 

ビッグテキサン、さすが。

ここは、一度は訪れるべき場所だと思いますね、なんせ

とにかく何もかもがすごいし、ひとつのアトラクションになっているんですから。笑

 

 

このお店にきている人はみんな旅行者だと思うんだけど

どうなんでしょうね、アメリカ人の方々はこのお店の料理

美味しいんでしょうか?日本食大好きな僕はちょっとわからなかったです。

 

ぜひ、アメリカ人の方でこのお店にいったことある方教えてください!!

 

帰りにはカントリー娘と写真を撮ってもらいました。

僕も相方も深いコクのビールでほろ酔い。

写真のときはみんな笑顔ですけどね、相方の写真とるときも僕の写真とるときも

「なにこのジャパニーズきもい」みたいな顔してました。

 

実は僕たちが写真を撮ろうとお願いする前に

おそらく、同い年ぐらいであろう白人の筋肉むきむきまんが

この子たちと写真を撮っていたんですよ。そのあとに

こんな、トッツァン坊やみたいな日本人が写真撮ろうよなんてね・・・・笑

ねぇ・・・・。笑

 

 

さすが、お仕事。笑顔がお上手です。

 

そんなビッグテキサン、とてもおもしろいお店でした。

でもきっとまたいつかテキサスにいくことがあったら、このお店によって

同じようにステーキを食らいつくのだと思います。

 

でも、あれだけボリュームがある食事をとってもチップ込みで。。。確か一人30ドル程度だった気がします。

 

安いよね。それってやっぱり。

またくるぜ!ビッグテキサン!

 

 

 

 

既にこのときは23時をまわって日付またぐかなってぐらい。

今日も1日楽しめましたとさ。

 

 

最後に番外編写真集・・・!

実はですね、ルート66をオクラホマからテキサスに向かう途中にですね

僕たちはルート66といっても旧道をなるべく走ろうってことになっていましてね

かなりひどいダート走行を延々と走っていたんですよ。

どっかで道間違えたんですね。

 

気づいたら他人の牧場の中にはいっていまして、牛や黒豚が大勢いるところに

車で迷い込んでいました。笑

 

そこではしゃいだショットを最後に掲載しておきます。。笑

 

後光がすごい!いいショット!相方に感謝!

 

この時、動画もとったのですが動画は相方がもっています。。。

 

このブログを書き終えた時に整理がつけば

そんな動画も掲載していこうと思っています。

 

このとき相方を撮影した写真がこちら

 

 

 

・・・・

 

じゃーーーーーーーーーーーーん!!

 

 

道間違える!?ねぇ!?こんなとこ

道間違えてはいっちゃう!?みたいなとこでしょ!?

 

僕の相方はね、こういうところ

ずかずかいっちゃう、最高なやつなんですよ。

 

僕たち二人とも

おそらく道間違ってるあであろうという空気は漂っていたけど

イケイケゴーゴーだったんですよ。

 

ほんとテキサス最高。

 

明らかに観光の町って感じで

治安悪いのを気にしなくてもすむぐらい

今日はめちゃくちゃ楽しめました。

 

日記を見ても、いかに楽しかったかっていうのが

鉛筆の流れから伝わってくる感じでした。笑

 

それぐらい、オクラホマーテキサスのドライブは最高でした!!!!

 

ここだけの話。

ドライブしてるとね、ありとあらゆるところに牛さんがいる景色なんですよ。

それでね、お腹へった〜!ビッグテキサンいこうね〜!

っていって、ステーキ食べる。なんてね、僕はできませんでした。

 

ビッグテキサンほとんど残してしまっていうね。笑

 

相方がこのブログを読んでいるかはわかりませんが

こうやってブログを書いて、整理していくとね

また相方と旅にいきたいなって思いますよ。

 

実際、旅の途中は

お互いだいぶピリピリしてる場面も結構あるんですよ。

1日運転してるわけですしね、食事もろくにきちんととれてないわけですから。

(口にあわなくて)

でも、やっぱり、旅は最高だしね

こういう旅は相方じゃないといけないなって思います。

最後の牧場で道に迷うなんて、

ほとんどきちがい的行動ですもん。普通はずかずかいきませんからね。

こういうのが最高なんだってこと、写真を見て思い返しました。

 

読者登録してね