Day20 サンフランシスコの夜はふけて(2016.6.27)


天気:晴れ時々曇り

走行距離:630km

なんだか味気ないゴールだなぁ。。。。。

 

 
結局ね、昨日はゆっくりぐっすり休んで
今日の朝にちゃんとゴールっぽい写真撮ろう!ってことになったんですが
今日も朝からサンタモニカにきてみると、曇りなんですよね。
 
サンタモニカは来る時期によって雲がどんより重いことが多いのかな〜??
 
すごい味気ない感じですが、ROUTE66 3,755km 走破しました!!
 
いえーーーーい!!
 
 
相棒もとても味気ない感じ。笑
 
実は、まぁそれはそうなんですよね。
というのも、僕たちこのあとサンフランシスコに向かうわけですから。
 
しかもサンフランシスコまでは600kmを超えるので
そこそこ走るじゃないか!!だから、ROUTE66は走破したけど
旅は続くんですよ〜〜〜
 
サンタモニカのビーチをふらふら〜
 
見てもらうとわかるけど、なんだろうな〜
雲ひとつなしの青空!ではないんですよ、特別暑くもなく涼しくもなく。
ちょうどいい気温っていう感じでしたね
 
 
ジーザスがうたってたよ。
 
 
みんなが写真を撮るところで僕たちも例に漏れずパチリをしてサンタモニカを出ることに。
 
 
 
 
 
目指すは西海岸を北上してサンフランシスコ!
この感じはまさしく西海岸!って感じ。これからずんずん北上していきますよ〜〜
 
600kmっていうと時速100kmで6時間でしょ?
まぁもちろんそんなのを6時間キープできないので結構かかるんですよ、実は。笑
 
ROUTE66も終わってしまったわけですから
インターステートハイウェイに乗っかってびゅんびゅんいきます。
 
サンタモニカを出ると雲ひとつない青空が広がりました。
サンタモニカなんなんだろ〜〜〜
 
 
 
サンフランシスコへ向かうドライブ途中こんな景色に出会いました。
 
きゃわわ〜🐩
 
結構なドライブを乗り越えてサンフランシスコの街まであと少し。。
 
 
みえてきましたね〜〜〜
 
 
ひきでみると、なんだかすごい光景ですよね。
こういうのって、すごいアメリカ的っていうか。
大地が広いからですよね。
 
ニューヨークもそうだし、シカゴもとにかく栄えてるところは引きで見るとすごい。
 
特にすごいのは、ラスベガスですけどね。笑
 
砂漠から見える、あのビル群はすごい。圧巻。
 
で、実際に入ってみるとこんな感じで普通なんですけどね。
 
 
でも、サンフランシスコという町は
入ってすぐに感じるんですよ。
 
(あ、この町好きだな、お洒落だな)って。
 
 
ニューヨークでも、シカゴでもない全然違うお洒落感がある。
 
 
サンフランシスコへついて、すぐに僕たちは海沿いまで車を走らせました。
 
イカービーチというところの付近をぶらぶらしながら
写真を撮ったりしていたんですけど
とにかく寒い!寒い!寒い寒い寒い!!!
 
風も強いし、基本的に気温が低い!すっごい寒かった。。。
 
ゴールデンゲートを眺めていました。
 
 
サンフランシスコ、めっちゃいいわ〜〜〜〜
 
って、海沿いで語らいながら
夕暮れを待ちました。
 
すごく素敵な景色に出会えることは間違いないと思ったので
小一時間ビーチで白人の若者と交わりながら夕暮れを待ちました。
 
 
 
白人の少年たちがいい感じ♫
 
 
 
 
 
 
 
白人カップルの撮影も許可をもらって一枚撮りました。
お洒落ですな〜〜
 
 
サンフランシスコの夜ふけへ
 
夕暮れはとても素敵な時間をくれました。
 
サンフランシスコまで車を走らせてよかった。
 
ホテルはベイカービーチの近くのKnights Inn San Francisco / Near the Presidio というところに宿泊したので車ですぐでした。
 
そこの店主は白人男性だったんだけど、少し日本語ができるようで
「わたしの奥さんは日本人です」と笑
 
みちこさんという方らしく、なんか妙に親近感でいろいろお話しました。
楽しかった。
 
夜はその方に教えてもらえった
大阪通りというところまで食事をとることにしました。
 
サンフランシスコ、日本人が多いみたいで
こういう町もあるんだって。
 
しかもかなり歴史も長いみたい。
無知だった僕たちはちょっとした感動をしました。
 
夜ご飯は、そこにある「タンポポ」さんで食事をとることに!!!!
 
アメリカ横断でさいっこうに一番美味しい食事がここでとれました!!笑
感動しながら、タンポポで晩御飯を楽しめました。
 
というのは、アメリカで食べる「日本食」みたいなものって
ぜんぜん日本食じゃないんですもん。
 
日本食に影響受けたアメリカンフード、なんですもん。
米がちがかったりさ、うどんにパクチーがはいってたりさ・・・笑
 
でも、このタンポポさんで頂いた食事は全て
本物の日本食でした。
 
何から何まで日本食でした。本物。
感動しながらビールで乾杯。
 
ここで働いていたスタッフの方々がとても優しくて嬉しかった。
 
僕たちのお母さん世代より若干若いかなってぐらいの方だったんだけど
金髪でイケイケな感じなんだけど、優しくって。笑
 
あ、もちろん日本人の女性で日本語でお話もして。。
あ〜ほんと、楽しかったな。
 
僕たちが平成生まれだっていうと、すっごい驚いていて・・・
「大学生かと思ったよぉ!!!」と笑
 
 
僕たちが「おいしいおいしい」って散々言いながら食べてたら
「日本にいればこんなの普通でしょ」っていうんだけど、
 
いや〜そんなことないな〜。ほんっと、特別おいしかったよ。
ここのお店は料理を作ってくれるご主人さんも日本人の方で
お話はしなかったけど、とってもよかった。
 
そういえば、タンポポで飲んだビールがとってもおいしかったのは
やっぱりそうだね、グラスがきんきんに冷えていたからだな。
それを今ブログを書きながら思い出したんだ。
アメリカの他の店じゃ、まずグラスは冷えていなかったから。
 
 
アメリカ滞在でこんなに満腹に食べたのは
この日が初めてかなってぐらいでした。笑
 
そのあと、日本町の中にあるタンポポを出てから
近くのコンビニのようなお店にはいると
お〜いお茶」がおいてあった。
 
「japan No1 brand!」とかいてあったけど
確かにな。笑
 
アメリカ横断でペットボトルのお茶を見たのもここがはじめて。
 
サンフランシスコと日本って深い関わりがあるんですね〜。
 
 
ホテルに帰るまでの道のりで
かわいいワンちゃんとも出会い
 
明日は1日サンフランシスコを満喫するつもりです。
 
 
おやすみなさい!
 
 

 

読者登録してね