それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話nado.

Day11 ROUTE66 オクラホマデスカ?(2016.6.18)


天気:晴れ

走行距離:550km

 

昨日のサイレン鳴り止まぬセントルイスの一夜はドキドキもんでした。

ろくに食事もとれずになんとなく気づいたら寝てたって感じで

あんまりゆっくりできた感じがなかったな・・・。

 

アメリカに到着して11日目、ルート66に入ってからは今日が2日目!

 

今日も快晴です。

 

 

こういう何気ない風景が"アメリカ"なんだよなー。

 

(CHIPPEWA TIRE)

 

CHIPPEWAっていうとブーツがまっさきにでてきた僕なんですが

地名?だったかな。チペワインディアン?なんだったかな〜。

こういう景色もさすがにアメリカにきて10日経つと慣れましたね。

 

こんなおっきい道路も慣れたもんで、左ハンドルだってお茶の子さいさい手

 

 

 

今日の僕たちはセントルイスからオクラホマのタルサという町までいく予定になっております〜。

 

 

そして、途中にいろいろ洞窟とかにもよろうねーって話をしていたので

今日もあちこち行くぞ〜!

 

ってことで朝から僕が運転をし今日がスタートしたんです。

 

ルート66を順調に走ってさ

ただひたすらまっすぐ、まっすぐ西にむかって走ったんだ。

 

この写真でもわかるように、まぁ走りやすい道ですよ。

ちょうど僕たちが走っている車線はルート66の旧道で

右側に走っている道路がインターステートハイウェイ。高速。

 

気持ちよく、音楽を聴きながら僕と相棒を乗せたブルースモービルはさ

走っていたんだよね。

そしたら、急にね未舗装道路になったんだ。

いきなりだよ、あんまり突然に未舗装道路になったもんだからさ

びっくりしちゃったんだ。

 

その時の速度はだいたい60mile。80kmってとこさ。

そして、未舗装道路の砂利道の上で僕はブレーキをふんじゃったわけさ。

それでも速度は40mile、、、、60kmだよ。

 

ブレーキを突然ふんだからさ、どうなるかって

このブログを読んでいる、君にも容易に想像できるだろう?

 

そう、盛大にスリップをしたわけだ!

 

ハンドルをとられ、スリップ。

 

僕たちのブルースモービルはお尻の方を左に振り、右に振り

ハンドルを握っていた僕はそれと逆方向にハンドルを・・・右にきり、左にきり・・・

 

どうにか滑りながらも車をまっすぐに立て直した。

 

その焦りようを助手席でみていた相棒は爆笑。

 

僕は手に汗を感じながらも、しっかりハンドルを握り速度を落として落ち着いた。笑

 

本当に事故るかと思ったし、こわかった・・・目目

でも、それと同時に爆笑した・・・いきなりのダート走行になるなんて・・!笑

 

ほんっとにこわかったけど、楽しかった。

こういうことがある、ルート66・・・いや、マザーロード。大好きだ!

 

 

そんなトラブルがありながらも

僕たちはルート66を走行し、途中メラメック洞窟なるところに立ち寄った。

 

(MERAMEC CAVERNS 135 Hwy W, Sullivan, MO 63080)

 

こんなオブジェクトもありました。


 

ルート66のガイド本 地球の歩き方2015-2016 アメリカ・ドライブ

 

 

これを見ながら、ルート66を走っていたら気になったので寄ることに。

 

中に入るのに、いくらかお金がかかりましたが

そんな金額じゃなかったかな?確か・・・ネットで調べればすぐに出ます。

そして、この施設はターザンみたいにロープにつかまって滑り落ちるアトラクションみたいなものもありました。子連れが多く、子供たちに人気のところみたい!

 

中に入るとさすが洞窟。とても涼しくて、寒いぐらいでした。

ちゃんと管理されて、床は歩きやすくなっていますが

それ以外は全て自然のまま残されています。すごい!

 

ここでは、ちゃんとスタッフさんがおもしろおかしく(?)ふざけながら

ガイドしながら案内してくれました。(僕たちは英語が苦手ですが楽しめた)

 

写真で見ると、ちょっと伝わりにくいけど

これはさすがでした。自然の美しさ、ここにあり。

 

行く日にちによると思うけど、たくさんの観光客で結構ワイワイガヤガヤ。

アジア系の顔も結構見かけた。ちょうど、僕たちがいったときは韓国人が多かったかな。

日本人はいなかったです。

 

いや〜素敵。すばらし。

 

メラメック洞窟、お金出して中に入るだけの価値はありますね。

いってみるといいです。場所が少し辺鄙な場所にあるので

しっかり調べてからいくことをお勧めします。

 

突然にいった僕たちは少し迷いました。

 

補足:このメラメック洞窟はあのブラッド・ピットが映画で演じたアウトロー

   ジェシー・ジェイムズっていう人が身を潜めていた洞窟らしいです。

で、そのジェシー・ジェイムズって誰?ってことなんですが

この人は「世界初の銀行強盗をした人」らしいです。

入り口にあったオブジェクトはこの人らしい!

 

 

 

洞窟をあとにした僕たちは地上の暑さに苦しみながら

ルート66の走行に戻りました。

 

パキッとした写真でしょ?

すごく綺麗な空。快晴。

洞窟が寒いぐらいだったんで、特に暑く感じた。

 

地球の歩き方にこの道も掲載されてました。

「捨てられた高速道路」って。気持ちの良い片側二車線の道路です。

 

住所でいうと、ここはアメリカのミズーリ州

ミズーリといえば、文豪マーク・トウェイン

 

トムソーヤーの冒険やハックルベリーフィンの冒険で有名な人。

僕はハックルベリーが好きなので、もちろん本も読んでました。

 

 

 

人種差別とか、旅とかいろんなことが書かれた小説

この本を書いた人がこの州で生まれ育ったんだね〜なんて考えながらのドライブでした。

 

でも、そんなことよりやっぱり僕は男ですから

結局こういうことになります。

・・・

・・・

(このお店で働く白人美女は日本好きで、日本語ばりばりのお店でした。)

 

 

ドライブは続く。

 

続く続く・・・

 

 

たまにとまったり、しながら気楽に進む。

 

ロードサイン、かっこいいねぇ。

 

 

こんな不思議なロールをたくさん見たよ。

たくさんたくさん転がってるんだ。

 

そしたら、途中こんなわんちゃんにも出会ったりなんかして。

放し飼いもいいとこ。笑

ものすっごい吠えるし、うるさい。笑

 

 

 

でも、かわいかった。

 

ちょうどゲイパリタのガソリンスタンドの近くだったかな。?

この、ゲイパリタのガソリンスタンドはいろんなアイテムが飾ってあるんだけど

ここはね、夜くるといいらしいんだ。ライトアップが幻想的なんだって。

でも、ここら辺にね、夜きたいと思うとね時間でいうと22時すぎないと暗くないの。

僕たちも19時頃このあたりきたけど、この明るさなんだよね。

まぁ、時期もあるのだろうけど。。とにかくこのライトアップをみたいなら22時過ぎをおすすめ。そしたら、青白いライトアップが見れるとか??

 

結局、今日は洞窟いったりあちこち遊んでいたら当初の予定のオクラホマのタルサまではいけそうにないってことになりまして

手前のバイニータという町で一休みすることに。

 

途中、こんな素敵なドライブインシアターを見つけたりしてさ

おしゃれすぎるだろう・・・。

ちょうど僕たちがこの写真を撮っているときに

若い男女数人が乗った車がやってきてさ、中にはいっていったんだ。

む〜羨ましい!

 

ドライブインシアターってやったことないから、やってみたいよね。

 

日本にはこんな場所、なかなかとれないよね。

なんてこと考えながら

猛烈に走った。

ルート66を自走した。

大自然を全力で走ると、気持ちが良い〜〜!

 

で、夜。(雑)

いつもの、ブッキンゴドットコムで今夜の宿を探しながらバイニータという町で休むことにしました。

 

 

 

途中ね、こんな裏道で星の写真を撮りたいがために

車をとめていたらね、作業者みたいなのがやってきてね

僕たちの車の横でとまったんだ。

 

そしたらね、「Trouble??」って聞いてくれた人がいたんだよね。

裏道っていったって、かなりの農道だったし車とめてたら「トラブルかな?」って思ったんだね。

優しい世界。

 

昨日はセントルイスで怖かったから、いいな、荒れてない田舎のこの感じ。

 

優しい世界を大切にしたいよね。

 

とりとめもないブログだけど

今回も最後まで読んでくれてありがとうございますm(_ _)m

 

かなりの自己満足で書いているのに・・ありがとうございますっ!😉

また、読みたいと思ってくれたら・・・是非!

 

どくしゃになってね!

 

instagramも是非!

https://www.instagram.com/toshi0690/