それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話、時々自転車やレコードについて

Portrait 24 遠い空の下 ふたつの物語


f:id:toshi0690:20201217225423j:plain

久しぶりのポートレートです。

何年も前からセッションをしたいと思っていた子と

ようやくご一緒させていただくことになったので掲載していきたいと思います。

 

 

 

遠い空の下 ふたつの物語

f:id:toshi0690:20201217230046j:plain

ティナちゃん

 

今回、フォトセッションさせていただいたティナちゃん

 

距離が離れているのは知っていたので、

 

いつか撮れたら嬉しいな、程度にしか思っていなかったんですけど

 

 

まさかこのタイミングで実現するとは思いませんでした。

 

ありがとう。

 

 

 

 

待ち合わせは六本木

 

f:id:toshi0690:20201218195437j:plain

 

 

今回の撮影は六本木周辺です。

 

一時期、仕事の関係でよく六本木にいて

 

六本木ヒルズ周辺にいることが多かったのですが

 

久し振りに六本木歩いたら、やっぱり芸人のカズレーザーさんいた。

 

何度も何度もお見かけしていたので今回も見かけそうな予感があったんですけど

 

ティナちゃんと合流するタイミングで見かけたらおもしろいなぁなんて

 

勝手に思っていたら、まさに絶好のタイミングでカズレーザーさん発見。

 

いるもんですねぇ、ほんと。

 

 

 

 

カメラ・レンズ

 

f:id:toshi0690:20201218194251j:plain

 

 

 

最近、ポートレートはデジタルを使うことが多く,

 

Nikon D750の一眼レフと、レンズはSigma 35mm F1.4 DG HSM | Artで撮影をしました。

 

背景をぼかした写真にちょっと飽きていたのですが

 

六本木はやっぱり人が多いですからね、結局ぼかし(逃げ)の写真が多くなってしまいました。

 

あんまり極端にぼかすのは、好みではなくなったのですが..

 

でも、やっぱりこのレンズ最強ですね。カリっとした描写がやっぱり最高です。

 

ただ、それにしてもあまりにも日の丸構図が多くなってしまった気がして

 

見返してみたらちょっと恥ずかしくなりました。

 

モデルが強いと、被写体をセンターにおいてズバッと撮りたくなっちゃうんです...

 

 それにしても、ポートレートは距離だけ好みはあるけど

 

Sigmaのartレンズ使ったら間違いないですね。

 

このレンズと、光があれば良い写真が撮れます。

 

 

 

柔らかいひかり

 

f:id:toshi0690:20201218195023j:plain

 

撮影当日は、午前中から天気がよくて快晴

 

良いひかりが出ている良い1日だった。

 

合流したのが14時手前で、曇りまでいかないけど

 

少しトーンダウンしたひかりがとても柔らかくなっていた。

 

六本木周辺をうろうろと歩きながら、

 

はじめましての時間を少しずつ中和していきます。

 

f:id:toshi0690:20201218195627j:plain

 

本当は、はじめましてでもフィルムカメラでポートレートやりたいんです。

 

でも、どうしてもフィルムではじめましての撮影をすると

 

あとで納得いかないことが多く、ううーん。となることがあるのと

 

今回の撮影も失敗をしたくなくって、デジタルでやったんですけどね

 

やっぱり、デジタルはコミュニケーションに意識を置けるから良いですね。

 

フィルムみたいに「写ってない」とか「露出あってない」みたいなことが起きないから気が楽です。

 

近くにいて、いつでも写真ができるっていうような関係性なら全然いいんですけどね

 

やっぱり失敗、、というか納得できない写真にはしたくないですからね

 

貴重な今日という時間をダメにしたくなかったです。

 

かの有名な、森山大道さんでさえ宇多田ヒカルさんの撮影のときは

 

撮影して現像所にフィルムもっていったときドキドキしたって言ってました。

 

「写ってないってことだけはやめてくれ、写ってさえいればどうにでもなる...」と。

 

ぼくも同じような気持ちで、、デジタルに逃げちゃいました。

 

が、それはそれで良いもんなんですよ、撮影した写真たちを現像していくとね

 

「あぁ、これはこれでいいもんだなぁ」なんて思うワケです。

 

写真はいいですね。

 

そんで、ティナちゃんめっちゃいいですね。

 

f:id:toshi0690:20201218200115j:plain

強風

 

この日は風がとても強くてね、モデルさんは大変でした。

 

寒いし、風も強いしで、、ティナちゃんに感謝です。

 

 

f:id:toshi0690:20201218200228j:plain

グラフィティ

 

 

ぼくは身長172センチほどで小さいんですけど

 

ティナちゃんも170センチぐらいっていってたかな。

 

ヒールはかれたらぼくより大きいんです。

 

スタイルが良いので、いつも足で切っちゃうような写真も

 

全身いれちゃいたくなります。

 

身長高いっていうのはいいですね。

 

f:id:toshi0690:20201218200433j:plain

 

 

 

f:id:toshi0690:20201218200458j:plain

 

 

 

 

ありがとう

 

f:id:toshi0690:20201218195115j:plain

ふざけている

 

良い写真ってなんだろうって、いつも考えているんだけど

 

やっぱり良い写真っていうのは距離感がなくて

 

自然な瞬間に撮れるもんだと思っています。

 

ティナちゃんとのはじめてのセッションで、お互いはじめは硬かったんですけど

 

おもしろいもんで、やっぱり写真をはじめると

 

しっかり"撮る"、"撮られる"でわかれるとスグに距離感がなくなったように思います。

 

もちろん、はじめて会ってたった2時間そこそこで

 

気心知れた関係になれるわけじゃあないんですけど

 

写真っていうのはその人の内面に入っていくようなところがあるので

 

ティナちゃんとの2時間でいろんなことを知れた気がします。

 

ありがとう。

 

 

f:id:toshi0690:20201218201618j:plain

 

 

で、改めて感じたことは

 

やっぱり歳の離れた人から学ぶことってたくさんあるんだな、ということ。

 

なるべく年齢で線をひいたり、わけたりする気はないんですが

 

自分が30代になってからというもの、自分より若い人たちから学ぶことが

 

めちゃくちゃあるように思います。

 

自分が若い時は「30歳以上は信じるな」と思っていたなぁなんてことも

 

最近よく思い出します。

 

f:id:toshi0690:20201218202040j:plain

 

ティナちゃんとの時間で、ものすごくパワーをもらった、エネルギーももらった

 

もっとがんばらなきゃいけないな〜!っていう気持ちにさせてくれた。

 

 

f:id:toshi0690:20201218202126j:plain

またセッションしようね〜

 

 

 過去のポートレート写真もみてください〜!

 

www.happyendnanda.com