それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話nado.

Day16 僕の果て あなたの彼方 グランドキャニオン(2016.6.23)


天気:晴れ

走行距離:520km

今日は、奇跡の渓谷と言われるグランドキャニオンへいきます。

 

 

アリゾナ州フラッグスタッフという町から車で2時間弱走り

アメリカの絶景。世界一有名な渓谷グランドキャニオンへいきました。

 

 

本日は、グランドキャニオンへいき、そのあとペイジというところにある

ホースシューベント、そのあと南へくだり、パワースポットのセドナまでいきます。

 

本日も快晴!

前日のフラッグスタッフから地図では近く見えるグランドキャニオンですが

それでも距離は結構あります。

 

朝から素敵なドライブのはじまりはじまり。

 

 

延々とこんな景色をいきます。

アメリカンドライブ大満喫。

どこまで走っても飽きないのは、アメリカが好きなのか、旅が好きなのか。

はたまた、風に吹かれて旅が好きなのか。

とにかく路上はどこまでも続きます。

 

途中、休憩するような場所はろくにないので二時間ほどドライブを楽しみ

グランドキャニオンへ到着!

 

かなりスムーズにグランドキャニオンにはいってしまったために、看板などの撮影を忘れてしまいました。

 

グランドキャニオン、実は事前に何も調べておりませんで・・・(><)

とにかく車を走らせたっていう感じだったので

どこがどんな絶景ポイントなのかは正直知らずでした。

 

きっと事前に調べていったら、もっといろんなところを見る事ができたのでしょうが

僕はこれでも大満足。

 

 

すぎすぎて写真に撮るのもなんかアホらしくなってしまい

実はあまり写真を撮っていません。

 

事前の予定では、グランドキャニオンで夕暮れを楽しもうか〜なんて

日本では話していたのですが、予定が変わり朝から行きました。

 

天気も良く、澄み切った空気の中

グランドキャニオンにむかえられた僕たちは

素敵な絶景を楽しみ、この景色を横目にドライブをしました。

 

 

写真では伝わらないこの感動はどうしたらよいでしょうか。

 

 

 

そして、ここで頭のなかに流れてきたのはTHE HIGH LOWSの「サンダーロード」という曲。

 

♫三脚をたててここに

 2人並んで写真を撮ろう

 眺めより景色よりも

 2人並んだ写真を撮ろう♫

 

口ずさみながら一枚。

 

グランドキャニオン、とてもすごいから

とてもすごいから、もう写真なんかどうでもいいからさ

とりあえず、2人で撮りました。

 

こんなすごいもの、撮れません。

写せません。だから、もう知りません。笑

 

 

 

グランドキャニオンの入り口での看板を撮れなかったのですが、ここで撮れました〜

 

 

 

 

圧巻ですね。

14mmのレンズでも全く入りきりません、この大地。

 

 

とりあえず、すごいということは伝わりますでしょうかね。

とにかく、グランドキャニオン壮大で人生で一度は見ておきたいと思っていたので

大満足でした。

 

 

僕たちはグランドキャニオンの東側にきていたので

こんな塔を発見しました。


グランドキャニオン デザートビューポイント

 

 

中に入ると、このようなインディアン ナバホ族の壁画などを楽しむことができます。

 

 

こんなぐるぐるっと階段をのぼっていきます。

 

若干狭いですが、こんな感じです。

 

 

途中テラスもあり、こんなビューポイントが。

 

最上階にあがるとグランドキャニオンを一望できるようになっているのです!

 

う〜ん、なんとも素敵な塔でした。

 

この塔は、後々調べてみたところ

1932年に建てられた塔のようで、先住民族の見張り塔をイメージして造られたようです。

 

う〜ん、かっこいい。

 

 

デザートビューポイントでグランドキャニオンを楽しんだ僕たちは

グランドキャニオンを出て、ペイジというところに向かいました。

 

 

アメリカの南西部、アリゾナ州ユタ州の境にあるちいさな町。

このペイジというところに向かったのはただ一つ。

 

ホースシューベントというものを見に行くため。

僕は、事前に何も調べていなかったのですが

相方が「ここ見てみたいかも?」といっていたので、行ってみました。

 

途中、こんな露店をやっている場所を発見。

車を降りてぶらりぶらり。

 

 

 

 

彼のレンズの先にはどんな景色が広がっているのでしょうか。

 

答えはこちら。

 

 

グランドキャニオンからペイジまでは大体二時間ほどのドライブ。

途中では、こんな景色にぶつかります。

もはや崖にむかって走っている感覚ですよ。いつまでもこの景色があるわけですから。

 

 

そして、壁をどうにかぐるぐるって回避しながら出てくるのは切り裂いた道。

 

この道をくぐり抜けてズンズン進んでいきます。

(この岩を切り裂いた道は映像も撮影しております。

 すべてのブログを書き終えたら映像も掲載していく予定です。)

 

 

 

 

そして到着ホースシューベント。

 

暑すぎて撮影を忘れてしまいましたが

この地につくと、広い駐車場に車をとめます。

そして、その駐車場から砂漠を歩き絶景ポイントを目指します。

 

 

WARNING!

EXTREME HEAT

 

気温は50度近かったです。

体感はもう超えている感じです。ジリジリ痛く

吸う空気も熱い。口の中に熱風。

 

とても暑く、暑く、暑く、暑く、暑く、暑く

溶けてしまうような砂漠を歩いていきます。

水がなければ絶対に危険なポイント。

必ず小まめな給水が必要です。

 

そして、このホースシューベント。

何が怖いって、こんなに暑くて…熱くて…凄いのに

休憩ポイントというものが1つしかありません。

 

日陰が1つしかないのです。

 

 

こんなちっぽけな休憩ポイントがただ一つ。

写真をみてもらうとわかると思いますが、人が溢れています。

ここでみんな太陽の熱から逃げるように休憩をしているのですが

人がぎゅうぎゅうで休憩どころじゃありありませんでした。

 

なので、僕たちは休憩なしで絶景ポイントまで行きました。

砂漠を歩くといっても確か…だいたい二十分ほどってところでしょうか。

 

三十分も歩きませんが、熱に耐えるので精一杯です。

 

 

 

この砂漠の果てにはどんな景色が待っているのか...

胸を高鳴らせ、汗をぬぐい…

まさしくサンダーロードを進んでいきます。

 

すると、でてきたホースシューベント!!

 

(加工編集無し。)

 

わかりますか!!!わかりますか、このエメラレルド!!!!!

 

大自然の賜物!!!!人口では決して作ることのできない自然の…

大自然の芸術。大自然のアート。圧巻です。

 

もちろん断崖絶壁。落ちたら死にます。即死です。

落ちていく途中にひっかかるような木も段差もありませんでした。

 

ただ座って撮影するだけで、足が震える高さ(高所恐怖症というのもありますが)

がんばって一枚撮ってもらいました。

 

こわかった〜!

でも、すごかった〜!

 

もう一度載せますよ!?

 

こりゃ〜すごい。

いや〜すごい。

いってよかった。

すっごい暑かったけど、暑かったけどいってよかった。

 

 

僕たちはこの、ホースシューベントというものを見に車を走らせ

グランドキャニオンからやってきました。

 

まさか、あんなに熱い砂漠を歩くなんて思ってもいなかったのですが

ここは行ってよかった。とてもよかった。

 

正直、グランドキャニオンより

感動した。

 

 

このホースシューベントで、すれちがった人のなかには

帽子もかぶらず、水もなくやってきたような人たちもいました。

 

行きは意気揚々と歩いていましたが、帰りの頃にはみんなぐったりしていました。

 

 

 

ホースシューベントに行くときは絶対に帽子、水必須です。

子供なんか、今にも倒れそうな表情で歩いていたり

熱射病で倒れてしまいそうなおじさんとかもたくさんいました。

 

あ、そういえばここで日本人観光客とすれ違いましたね。

僕たちのアメリカ横断旅ではほとんど日本人と…

いや、一度もすれ違っていなかったのですが

まさか、ホースシューベントですれ違うなんて。

 

そして、僕たちは砂漠を頑張って歩き

駐車場まで戻り、すぐに冷房をかけて走り出しました。

 

次は南下し、パワースポットであるセドナへ向かいました。

 

ドライブは4時間ほどでしたが、お手の物です。

男2人のドライバーですから、余裕余裕。

 

ですが、時間がどうしてもかかる。

前日、警察に注意されてるっていうのもあったので安全運転推奨です。

 

横をみればずっとこんな景色が続きます。

 

セドナについたのは18時半頃。

僕が運転をしていたのですが、車内ではリトルリチャードを大音量できいて

アメリカンドライブ。最高ですね。

 

 

こんな調子でセドナへ到着。

 

そして、ビューポイントを探していたら

岩の上にのぼっている中国人観光客を発見し、追いかけました。

 

セドナ エアポートメサ

 

 

 

 

そして、でっか〜い岩が重なっている崖のようなところをのぼっていきます。

 

こんなとこを歩いて行くと、奇跡の樹が。岩に・・・生えてる。

この岩をのぼると、こんな景色がありました。

 

 

 

360度大パノラマ!!!!!

 

 

 

セドナでも壮大な景色に出会い、大満足でセドナダウンタウンへ行きました。

 

そこでは、蛇が触れたり…

 

タランチュラに触れたりします。

 

 

タランチュラには触ることができます。タランチュラには!

 

タランチュラの恐怖もさることながらですね、はい。

 

 

セドナダウンタウンをすべて見切る頃にはこんなに日が暮れてしまいました。

 

今日も1日大満足。

セドナでの宿泊はせずに、このあとフラッグスタッフまで戻り宿泊しました。

 

今日はルート66おやすみでした。

明日はラスベガスへむかうので、もう少しルート66はお休みです。

 

 

 

読者登録してね