それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話、時々自転車やレコードについて

Olympus PEN-FTの修理を写真機商コウジヤさん(浜松カメラサービス)に依頼したお話


f:id:toshi0690:20200106222936j:plain

なぜ、このタイミングなのだろうかー。

という問題はいつも最も嫌なタイミングで起きるのである(笑)

それは京都一ヶ月旅に行く前日なのであった...

 

Olympus PEN-FTの故障

f:id:toshi0690:20200106223829j:plain

さぁ!明日から京都へ旅立つぞ〜というこのタイミングで

Olympus PEN-FTの故障である。

これから一ヶ月家をあけるというのに、壊れたペンちゃんをこのまま置いて

旅立つなんて、僕にはできない...

ということですぐにインターネットで修理対応可能なお店を調べた。

 

1.症状

f:id:toshi0690:20200106223944j:plain

何を思ったのか、最近全然使っていなかったペンちゃんを防湿庫から

おもむろに取り出し、フィルムが装填されていないことを確認。

シャッタースピードを「BLUB」に設定。

なぜ、そんなことしたのか、今だにわからないが

謎に一人暮らしの自室にレンズを向けてシャッターを切ったのである。

(摩訶不思議)

BULBなのでシャッターをおしっぱにしているとあいている状態

シャッターを戻すと、ミラーが戻るという仕組みなのだが

ここで「ミラーが戻らなくなった」のである。(笑)

なんの因果か、故障。(笑)

 

2.見積もり金額

f:id:toshi0690:20200106224011j:plain

「Olympus PEN-FT ミラー 戻らなくなった」でGoogle先生に相談

東京にあるいくつかのフィルムカメラの修理屋さんに電話で問い合わせてみる

どうやら修理の金額がなんとなく見えてきた。

あるところでは「3万円〜はかかるかなぁその症状だと」と。

 

また違うところでは

「カメラの修理で3万円、あとレンズの修理もOHも必要かもなぁ。するとあと1万ぐらいかなあ」

 

ん〜そんなしちゃうかぁ〜と思いつつ

最後に電話をしたところが写真機商 コウジヤさんだったのである。

コウジヤさんに電話すると男性が出て

「それだったらそうだね、カメラが2万、レンズも一緒にみた方がいいっていつも修理屋さんが言ってるから

 かかったとしても、それに追加で5000円ぐらいかな!」

 

そう、ここで気づいたんですが写真機商 コウジヤさんは中古カメラ屋さんであって

修理をやってくれるわけではないようです。

 

写真機商 コウジヤさんに送付→修理:浜松カメラサービス で対応

http://www.koujiya-camera.com/hamamatu-camera-service.htm

(こちらで詳細がわかるようです、コウジヤさんは取次業務だけ行なっている様子)

となるようです。

 

だったら、浜松カメラサービスさんに直接送付すればいいのか?など考えましたが

もういいです。僕には京都の旅が待っているので送っちゃいます。

 

見積もり:¥25000

 

「わかりました、では今日中に発送手配するのでそれで修理お願いできますか?」

即決定をしたのだ。

 

写真機商 コウジヤさんのHPはこちら 

www.koujiya-camera.com

静岡県浜松市にある中古カメラ屋さんです。

 

3.修理期間

f:id:toshi0690:20200106224347j:plain

今回、僕の場合は京都へ一ヶ月旅へ出る予定があったので

写真機商 コウジヤさんには事前に「一ヶ月ほど自宅をあけるため受け取りはそれ以降が良い」ということは

伝えておいた。

すると「納期はちょうど一ヶ月ほどかかるかと思うので、まぁとりあえず終わったら連絡しますね。」と言われた。

タイミングもちょうどいいなぁと思いつつ、すぐに梱包をして愛しの(と言いつつ最近使っていなかった)

ペンちゃんは郵送された訳である。

 

可愛いペンちゃんは、2019/10/30にコウジヤさんに到着したようでメールがきておりました。

 

4.修理完了の連絡

f:id:toshi0690:20200106224452j:plain

2019/12/9に修理完了の連絡がありました。

以下、メールを添付

f:id:toshi0690:20200106213150p:plain

 

送料や税金など込み込みで

¥27400- で全ての修理完了!!

 

5.カメラ到着

f:id:toshi0690:20200106214028j:plain

連絡がきた頃にはもう京都旅から戻ってきていたのですぐにお金を振込をし

それからすぐにカメラも到着しました。

(梱包が完璧すぎて、テープのところに隙間がなくやむなくダンボール破壊をしました笑)

 

f:id:toshi0690:20200106214130j:plain

おかえり可愛いペンちゃん

 

 

f:id:toshi0690:20200106214257j:plain

修理伝票もしっかり同梱されていました。

きちんとこのようにチェック入っていると「ちゃんとやってくれたんだな」って

思いますよね。

 

6.動作確認

f:id:toshi0690:20200106214341j:plain

えー、実は動作確認すぐに行えておりませんで...

カメラが到着してから結局開封できたのは

2020年の年明けしてからでした。

→名古屋へ行く用事があったので名古屋へいく時の相棒として

このペンちゃんを持っていきました。

なので、復活後のペンちゃんで撮影した写真に関しては

また後ほどこちらのブログで写真と共に紹介していきたいと思います!

 

 壊れてもなおして使う、それが古いカメラの付き合い方だと思っているけど

毎回は困っちゃうね、お金を稼がないといけないやトホホ

 

再修理

追記 2020/02/06

2020年年明けして、1月の中旬頃にFtをもって撮影予定がありました

そのときの写真はこちらの記事。

www.happyendnanda.com

 

こちらで掲載した写真の一部が光漏れが起こっていたので

現像後、写真機商コウジヤさんに相談のメールを入れ

浜松カメラサービスさんに再修理をしていただくことになりました。

 

現像したネガも一緒に~ということだったのでお送りしたのですが

そのときの返信メールがこちら。

 

==============================================

浅岡 様へ
お世話になります、写真機商コウジヤの河島です。

修理屋さんに聞きましたところ…

荷物は無事に到着してるそうです。

このような症状の故障は初めて見たそうで、原因は分かりかねますが

もう一度、分解OHして再調整してみるそうです。

再修理で無料¥0-で大丈夫なのでご安心下さい。
連絡先は修理票に載ってますのでご確認下さい。
ではよろしくお願いいたします。

 ==============================================

 

原因が不明というのが怖いですね。

何度も修理になるようなことにならなければ良いのですが...

とりあえず、またこの記事で進捗報告していこうと思います。