それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話nado.

4日目 Part2 さよならChill Roof Hotel(2018.3.3)


f:id:toshi0690:20181027232019j:plain

(つづき)

ホテルに戻った頃11:30で、いっそいでシャワーを浴びて

軽く汗を流したて、ホテルをチェックアウトすることに。

 台湾旅 - 4日目 Part2 -

 

特別、ホテルのスタッフさんと話したり何かすることはなかったけど

チェックインのときからとっても優しかったスタッフさん。

にこにこしてくれてて可愛かった。

 

チェックインのときに手続きしてくれた子は今日はいなかったけど

チェックアウトのときにいたスタッフさんもめっちゃ良い人で可愛かった〜

 

ので、一緒に写真を撮りました。笑

 

 

 

めっちゃ可愛かったです〜。

反応もめっちゃ可愛くて、日本語できないのに精一杯英語で話してくれて...嬉しかった。

初日にいた子は、少し日本語ができたのですがその子も反応がめっちゃ可愛くて

僕はもう台湾女子に惚れ惚れしてしましました〜。。

 

で、実はこの写真にはちょっとしたエピソードがあって

これもちゃんと書き残しておこうと思う。。

 

急いでホテルをチェックインするためにバタバタ用意をしてね、時間ぎりぎりに部屋を出てチェックアウトをしたんだけど

すでにロビーには次の予約のお客さんが4人ぐらいいたのかな。

 

日本人の大学生ぐらいの男の子4人組。

ちょっとイケイケな感じの子たちでさ、なんとなく一緒に写真撮ろうってことを

スタッフさんに伝えるのが恥ずかしい感じがしたんだよね。

 

で、とりあえずチェックアウトの手続きだけ済ませて

なんとなく写真のこと振ってみたら「OK!!(にこにこ)」と快諾してくれたので

まずは僕が撮るよってことで、彼女とスタッフさんの写真を撮ってあげたんだ。

 

そしたら、そのスタッフさんがね「2人の写真も撮る?」ってきくもんだから

「うん!お願いします」って答えたんだ。

 

でも、僕の本音はいやいやちがいます、ちがいますよ〜〜

僕は君と写真が撮りたいんだよ〜〜〜と思っていたのですが...

 

なんか照れちゃって、謎にここで人見知り発揮をしてしまったのです...

 

で、まぁなんとなく写真撮らないでいいか〜〜と思ってしまった僕だったのです。

で、「謝謝〜!」なんて言いながら、フェードアウトしようとしてたら

スタッフの女の子が「あなたは私と写真は撮らないの??」って言ってくれたようなんだけど

 

僕はすでに意識がフェードアウトしてるもんだから「OK OK OK OK」と防戦一方。笑

 

スタッフの子がなんとなく寂しそうに笑ったのを覚えてるんだけど

僕はスタッフの女の子がなんて言ったのが聞いてなくて「OK」とだけ反応してしまい

そのままエレベーターに乗り込んだのです。。。

 

で、なんか胸のドキドキが残ったままホテルをあとにしたんだけど

自分の中で「あ〜やっぱり写真撮ろうっていえばよかったな〜」って思いが強く出てきたので

恥ずかしかったけど彼女にこう言いました。

 

「う〜俺も写真撮りたかったな〜」と。

すると、彼女が「え?!だって最後一緒に撮らない?って言われてたの断ったじゃん!」と。

 

 

えええ!?!?!?!?

 

ええええ!?!?!

断ったの!?俺?!えええ!?!?!?

 

「ああ、だから最後寂しそうにあの子は笑っていたのか、よくわからなかったけどそういうことか!」とすぐに全部察した僕は、「ちょっと一回ホテルに戻っていい?写真、絶対撮りたいわ、ごめん」といってホテルに走って戻りました。

 

で、すぐにフロントに戻るとスタッフの子は「????」な顔で僕たちを見て

「写真??」って聞いてきたんだよね。

 

で、ちょうどさっきのフロントにいた男の子たちのチェックインをしていたので

「終わったらで大丈夫」と伝えると気持ちよく「Okay!(にこにこ)」と応えてくれた。

 

そして、すぐに手続きを済ませてくれて

ようやくスタッフの子に伝えました。

 

「僕と写真を撮ってください!さっきはごめんなさい、勘違いして、、ごめんなさごめんなさい!」と精一杯の英語で伝えるとスタッフの子は「おー!Okay!Okay!いいのいいの、むしろあなたが戻ってきてくれて私は嬉しい!So Very Happy!」と応えてくれた。

 

そのときの反応がめっちゃかわいくて、忘れられません。。

 

だから、この写真にはこんなエピソードがあって

僕にとっては大事な一枚だったりするんだよね。

 


「i'm so very very happy!」と手振りでにこにこいってくれた彼女に僕は本当にごめんねとありがとうを伝えたいです。

 

台湾 台北 好得文旅 Chill Roof Hotel 

本当にありがとう!!!!!!!!!!!

 

また必ずいきます!!!!!