それはハッピーエンドなんだ

写真と音楽、生活や旅の話nado.

三条境町のイノダっていうコーヒー屋へね


f:id:toshi0690:20191109184033j:plain

ぼくは音楽が大好きで、高田渡さんも大好きなのに

なぜ、この曲のことやこのお店のことを忘れていたのか。

ある人との出会いからこのお店のことを思い出しました。

 

 きっかけは真夜中のゲストハウス

f:id:toshi0690:20191109184603j:plain

あいも変わらず、毎日京都で呑んだくれているんだけど

この日は、大阪は梅田で呑んで京都に戻ってきてから

木屋町にある門扇(もんせん)というラーメン屋で食事をし、

 

お酒を買ってゲストハウスに戻ってきた夜のこと・・・。 

 

渋いかっこいい方がひとりラウンジでお酒を呑んでいたので 

酔っ払いのぼくたち二人は馴れ馴れしく声をかけました。

 

その方は仕事で京都にきているセキサカさんという方で

とても気さくにいろいろお話をしてくれた

ぼくの好きな音楽などの共通点もありすぐに仲良くなれました。

こういう出会いがゲストハウスのすごく楽しいところだよね。

 

宇宙と瞑想、コーヒーと高田渡

www.youtube.com

夜も深まり、深夜2時過ぎまで話は盛り上がりました。

ぼくの今までの旅の話や、ナツキの旅の話

セキサカさんの若い頃の話や京都の話をしあうことで

どんどん熱くなっていく感じがすごく楽しかったな〜

 

その中で、高田渡さんの話になり

「そうそう、京都と言えば・・・」とセキサカさんが話出してくれたのが

 

三条境町にあるコーヒー屋 イノダ のことでした。

セキサカさんは、一度高田さんともお会いしたことがあるというお話をしてくれて

とても高田さんが近くに感じ

コーヒーブルースのお店がすぐそこにあるんだよって教えてくれた。

 

三条へいかなくちゃ

f:id:toshi0690:20191110121552j:plain

高田さんが、「あの娘に逢いにきた」イノダさんの

入り口はこの建物の右側の扉から入っていけるんだけど

こっちの建物もイノダさんの建物なんですね。

白が基調とされていて綺麗な建物でした。


場所はこちら。

 

コーヒーとタマゴサンド

f:id:toshi0690:20191110122151j:plain

ランチタイムに行ったぼくは

アラビアの真珠というホットコーヒーと

タマゴサンドをいただきました。

 

普段、あまりコーヒーを飲まないぼくでもとても美味しくいただけた。

タマゴサンドは少し、からしが入っていて風味が鼻から抜けていく感じが

小洒落てて良い感じでした。

 

結構量もあるので、お腹いっぱいになりました。

 

ランチタイムだったのでお客さんはたくさんいて

店内の写真は撮れませんでしたが

店内は広くて、人と人のあいだがしっかりあるので

THE喫茶店という感じで、「間」を楽しめる空間になっていました。

 

ぼくが通された建物は旧館のカウンターだったので

この動画で高田さんが実際にうたった場所が見えるところでした。

www.youtube.com

 

 

京都旅にきて、こういう音楽体験ができたことは

ぼくにとっては、とても良いことなのですごく貴重な体験をできた。

 

ゲストハウスでの出会いがなかったら行かなかったお店

あとで絶対後悔したであろうとお店だったので

出会いに感謝をしています。

 

宿酔

セキサカさんとは、中原中也の話や

音楽、文学、旅、人生などなどいろんな話をした。

今、この記事を書いているとき少しだけお酒が残っている。

気持ちの良い酔い、まるで宿酔。

 

朝、鈍い日が照つてて
  風がある。
千の天使が
  バスケットボールする。

私は目をつむる、
  かなしい酔ひだ。
もう不用になつたストーヴが
  白つぽく銹(さ)びてゐる。

朝、鈍い日が照つてて
  風がある。
千の天使が
  バスケットボールする。

 

 

 

 

朝、バスに揺られて四条河原町に到着する頃

千本中立売の通りのことを想う

まるで自分が京都人にでもなった気分で

四条通りを歩く、日曜日は観光客で賑わっている。

f:id:toshi0690:20191110124708j:plain