Photolabo hibiさんで現像してみたお話


f:id:toshi0690:20181224103917j:plain

以前からずっと気になっていた京都の現像所Photolabo hibiさんで

写真の現像とデータ化をお願いしてみました。

良い写真に仕上がっているととても嬉しい気持ちになります!

 

 

京都の写真現像所 Photolabo hibiさんde現像するまで

きっかけ:@madoca_uchimuraさんという人
 

前からinstagramで拝見している@madoca_uchimuraさんの

www.instagram.com

写真を見ていると、ハッシュタグで #hibiプリ とある。

#hibiプリ とは?と気になったぼくはそのハッシュタグを覗いてみると

どうやら京都にある写真現像所 Photolabo hibiさんというところで写真を現像したものを

ハッシュタグとして#hibiプリ としているらしい。

 

ふむふむ。

 

ぼくは @madoca_uchimuraさんの写真が好きで

以前に [ GIRL ] という写真集を販売したときもしっかりと購入したほどに

好きなのである!

そして #hibiプリ とタグ付けされている写真は全て優しい仕上がりになっており

これは間違いない!とお願いしてみようという気持ちになっていた。

 

初めてのhibiプリ

labo-hibi.com

ぼくは関東圏に住んでいるので京都までの現像をしにいくことが

現実的ではないので、もちろん郵送でお願いすることになったのだが

その前にいくつか確認したいことがありメールをしてみることに。

すぐに返事も頂けて、とても丁寧な対応に即お願いすること決めました。 

 

フィルムがない!

f:id:toshi0690:20181223210026j:plain

現像を早くお願いしたいという気持ちはあったのだが

最近、フィルムで写真を撮っていなかったことに気づき

現像するフィルムがないという事態。

まぁ、それなら撮りにいけばよかろう!ということなのだが

写真はそういうものでもない。

自然に撮りたいと思ったものを撮りたいぼくとしてはそういう訳にはいかなかった。

hibiさんにお願いしたいのに、お願いしたいフィルムがないなんて

ワケのわからない事態になっていたところで

ちょうど福岡・天神出張の連絡が!!

 

www.happyendnanda.com

www.happyendnanda.com

 

すでに過去記事でも何枚か使用しているが

どちらの記事のアイキャッチもPhotolabo hibiさんでプリントした写真です。

どちらも写ルンです。 

 

 福岡出張の荷物がスチール撮影とムービー撮影とあり

どうしても機材が多くなってしまい

愛してやまないNikon F3やContax T2などを持って行くのも大変なほどに。

それならば!と現地で写ルンですを購入すればいいか、という考えに至り

仕事用の撮影機材のみで福岡へ行きました。

 

福岡・天神タカチホカメラ

f:id:toshi0690:20181224111933j:plain

2016年にぼくの大好きな小山田壮平が店前で弾き語りをしていたという

福岡・天神タカチホカメラで写ルンですを購入!!

全て使い切ることは出来なかったけど数枚福岡での写真を撮ってきました。

 

また、Photolabo hibiさんに現像をお願いする間際に気づいたのですが

最近出番のなかったOlympus Pen-Ftの中にKodak Portra400が入っていることに気づき

過去の現像忘れのこのフィルムも現像をお願いすることにしました。

 

Kodak カラーネガティブフィルム プロフェッショナル用 35mm  ポートラ400 36枚 5本パック 6031678
 

 

 レッツ現像!

f:id:toshi0690:20181224114752j:plain

出張から戻り、すぐに現像をお願いすることに決めていたので

Photolabo hibiさんのホームページからオーダーシートをチャックし

メールにてオーダーシートの内容を入力。

前にうちにプリンターがないのでオーダーシートを郵送時に一緒に同梱することが

出来ない場合はどうしたらよいか?と問い合わせをすると

メールでも構わないという旨のお返事をいただいたのでこういう形をとりました。

できれば、プリントして送った方がhibiさんには楽なのかな?と思いつつ(すみません!)

 

今回は写ルンです1つと、ハーフカメラの現像1つ!

それに、現像とデータ化が目的なので「オーダーシートB」を使います。

そこに個人情報と写真に仕上がりのイメージをチェック形式で記載でき

仕上がりイメージも記入することができるようになっているので

要望を書くことが出来ます。(なんて素晴らしい!!)

 

また、データ受け取りはCD-Rでの受け取りとLINEでの対応も可!

ということで今回は素早くデータが欲しかったのでLINEで受け取ることにしました。

(LINEでデータを受け取れるのは非常に便利ですね!!)

 

料金

35mmフィルム1本・ハーフ1本の現像とデータ化

現像フィルムの返送料金など全て含めて今回は3060円でした!

大満足!!

上記とは別にまずこちらから郵送でフィルムを送る送料がかかってくるので

数百円プラスαといった感じになりますが非常に大満足の仕上がりになりました。

 

仕上がり

(写ルンです)

f:id:toshi0690:20181224115453j:plain

f:id:toshi0690:20181224115519j:plain

f:id:toshi0690:20181224115525j:plain

f:id:toshi0690:20181224115538j:plain

f:id:toshi0690:20181224115816j:plain

思えば写ルンです、夜での活用がほとんどだったので

なかなかわかりにくいですね、、。

一枚目の写真がhibiプリさんの雰囲気ならではって感じがします。

こればっかりはロケーションと撮り手の問題です。

 

(ハーフ)

f:id:toshi0690:20181224120319j:plain

f:id:toshi0690:20181224120321j:plain

f:id:toshi0690:20181224120331j:plain

f:id:toshi0690:20181224120341j:plain

f:id:toshi0690:20181224120354j:plain

f:id:toshi0690:20181224120404j:plain

f:id:toshi0690:20181224120417j:plain

f:id:toshi0690:20181224120433j:plain

 

まさか、ハーフに残っていた写真が夏の写真だったとは!

現像はその都度していかないといけませんね...

 

素敵に仕上げてくれるhibiさん、またお願いしたいと思います!

現像が素敵だと、写真の楽しさがより一層増します。

自分で現像やろうかな、なんて思いもこみ上げてきたりもしますが

素敵な現像所さんがあるので活用していくのも有りだと思いますね。

 

今回、ご紹介したのは京都府左京区にあるPhotolabo hibiさんでした!

 

labo-hibi.com

また、現像お願いするぞ〜〜!

 

こちらもどうぞ。

Photo hibiさんは京都にありますが

東京にも素敵なカメラ屋さんがあります!

www.happyendnanda.com

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村