Day5 ナッシュビルからメンフィスへ(2016.6.12)

 

 

 

 

おひさしぶりです😂(遅すぎ)

 

(少しずつでも必ず完結させるぞこのブログ・・・)笑

 

今日はあの伝説のRCAレコードスタジオ見学をしたところからスタートしたいと思います!

 

僕たちは、現地でわからず困ったのですが

このRCAレコードスタジオ見学するにはナッシュビルにあるカントリーミュージック博物館で事前に予約をしないと見学することができないのです!

 

これから行こうと思っている方、注意ですよ!笑

(って、みなさん事前に調べていくのか・・・😂)

 

 

無事、ナッシュビルカントリーミュージック博物館で手続きをしたら

指定時間のバスに乗っかって、いざ!RCAレコードスタジオへ〜!

 

 

こんなデザインのバスです〜!

かっこよい〜!

 

 

で、バスに揺られて15分くらいかな?

その間、バスガイドさんがいろいろ説明してくれます。

バスの車内はみんな爆笑のオンパレード。

英語がわからない僕たちは「???」

 

とりあえず、ニコニコしてました。笑

 

RCAレコードスタジオのなかは行った人のお楽しみだと思うので

たくさんは写真載せませんが・・・

 

ものすごい空間ですよ。

有名な方たちがここでレコーディングしてる神聖な場所ですからね。

 

特別な場所です。

 

 

・・・

 

(なんかすみませんガイドさん。笑)

 

 

一時間ぐらいのツアーでしたが

これは参加してよかったです。

というか、音楽好きで古いロックンロールに興味があって

レコードとか手にしている人(ターゲットめっちゃ絞られた!!!笑)

 

なんかは絶対にいった方がいいですよ、こんな空間。

人生に一度は行きたい場所ってな感じです。僕にとっては。!!

 

とにかく英語がわからなくても楽しめるツアーでした。

でも、もちろん英語がわかればもっとおもしろかったはず。

 

英語、絶対勉強してやりますよ。

 

・・・

 

そして、ツアーが終わりまたまた15分ほどバスに揺られてカントリーミュージック博物館へ戻ってきました。

 

その道中、バスから覗く景色。

 

日常的にこんな風景が飛び込んでくるナッシュビル、、いや

アメリカの風景に胸がドキドキワクワクしました。

 

そして!このブログを書くにあたって

ナッシュビルで撮影した写真のなかにこんな写真があったので

「ん?なんだろ?なんでこんなのがあるんだろ?」と思って調べてみたら

 

 

(全然関係ない答えなんだけど)

ナッシュビルって鎌倉市姉妹都市なんだってね!

びっくりしました。

 

っていうか、鎌倉市すごいな!ナッシュビルめちゃくちゃお洒落なところだし

すごく綺麗な街なんだけど、、鎌倉も同じようにお洒落だもんねっ。

 

って、話戻すけど

ナッシュビルってなんだっけ

雑誌の街?新聞の街?えー

音楽の街以外にもあるんだよね・・・・

それでポスターとか新聞というかそういうのもたくさん手がけてて・・・って

現地で聞いた気がしないでもない・・・・・・笑

 

 

ではでは、そろそろナッシュビル出るとしますか〜ってことで

 

メンフィスへ向かいましたで〜い!!

 

 

旅のお供にオン・ザ・ロード

アメリカ横断のお友達オン・ザ・ロード

 

 

 

 

 

小説はもちろん、映画もおすすめ。。。

 

本当にオン・ザ・ロード持ってアメリカ大陸横断しましたからね

今思い出しても無駄だと思いますが・・・笑

 

このブログを思い出し、書きながら

またアメリカ横断したいなとか考えてしまっているので

ほんっとうに楽しかったんだなぁ〜と改めて実感しておりますところでございます。

 

ナッシュビルからメンフィスまでは

だいたい三時間ぐらいですかね、確か。

距離は大したことないです。(といっても日本の感覚ではだめですよ〜)

 

大陸的考え方をしてください。

 

アメリカンドライブをしていて思うことは

こういった看板が普通にあるんですけど

 

まず、夜になると見えない!笑

日本みたいによく見えるようにしてほしい!アメリカさん!よろしくお願いしますよ!

危ない!!普通に通り過ぎちゃうよ〜!

ナッシュビルから、メンフィスこうやってみるとすごく近そうですけどね

まぁ普通に高速走って三時間ですからね、まぁ長いですよね。うぬ。

大陸的だな〜〜〜〜〜

 

 

メンフィスついて

まず最初に感動したのが、あのBBキングの通りがあるということ。

いや、まぁこれがどういうことかっていうとですね

最近日本では国民的アイドルSMAPが解散を発表しましたが

SMAPの中居くん通り(通りの名前)があるっていうようなもんです。

 

キムタク通り、キムタクストリート!みたいなことが正式に決まっているってことなんですよ。ストリートの若いもんの裏の言い方!じゃなくて、国がちゃんと決めているっていうことなんです。これがめちゃくちゃすごいことじゃありませんか?

 

ごろうちゃん通り、つよぽんストリートみたいなね。(SMAP縛り)

 

そして、このBBキングの名前の由来は「ビール通りのブルースキング」の頭文字をとってBBキングなんだってさ。

 

なにそれめちゃくちゃかっこいい・・・・・・・・・・・・・・・。

 

僕たちはこの旅でさ、ナッシュビルでカントリーを感じてさ

メンフィスでブルースを感じてるんですよ。

そして、このあとはさニューオリンズにいってジャズを感じたりするわけじゃないですか。

なんですか、こんな贅沢な旅ないですよ。

 

そしてさ、マザーロードRoute66でロックンロールでしょ。

最高じゃないですか。

いや〜思い出せば出すほどめちゃくちゃすごい旅をしたんだなぁって思いますね。

 

 

もちろんメンフィスでは本場のブルース楽しめましたよ。

街を歩いてたら自然と聞こえてきました、あの渋い声が・・・

青臭いブルースのギターが・・・

 

まるで映画、ブルースブラザーズにでも出てきそうな雰囲気で。

素晴らしいブルースを楽しめました。

 

このおねえさんのところでビールを買ってね奥のテーブルでブルースを楽しむ、たしなむというスタイル。

 

アメリカの田舎、メンフィスでこんなに素敵な出来事を経験できるなんて。

ジム・ジャームッシュ監督の映画「ミステリ・トレイン」の街、メンフィス

僕もこれたんだ。すっごい感動。

 

メンフィスのダウンタウン、メインストリートでシャボン玉がいきなり飛んできてね

子供が遊んでいる素敵な光景も目にできました。

 

 

シャボン玉の犯人はこのかたでした。(笑)

 

 

メンフィス素敵じゃないですか。めちゃくちゃ素敵じゃないですか。

 

 

で、その逆側で座る僕。

 

 

いや〜〜〜〜〜〜メンフィスまたいきたいですね〜〜〜。。。。。

 

 

メンフィスの街、ぶらぶらしながら

ブルース楽しんで、ライブを見たりしていたらすぐに夜が落ちてきちゃいました。

 

メインストリートではすごいパフォーマーもいました。

 

かっこよかった。

 

もーっともっと楽しみたかったなぁ。

 

 

本当に1日いちにちが濃すぎてね

もう、感動の毎日ですよ。いや、ほんとに。